ニキビを予防するためにできること

ニキビの対処法などの情報は多く見かけますが、ニキビを予防する情報はあまり見かけません。 思春期の方も、大人の方もできればニキビや肌荒れは避けたいですね。いつも綺麗な肌でいたいものです。

ニキビは毛穴に皮脂や汚れ、雑菌やアクネ菌が入り詰まって炎症を起こすことでできてしまいます。 しかしアクネ菌は誰でも持っている常駐菌であり、肌を正常な状態に保つための菌です。この菌の特徴として、酸素を嫌い、皮脂を好んで食べるというものです。

ですから皮脂や汚れの詰まった毛穴は、アクネ菌にとって居心地の良い場所と言えるでしょう。そしてアクネ菌は皮脂を分解し、脂肪酸を作りだします。脂肪酸が酸化すると炎症を起こしてしまいます。 これがニキビになるのです。

またアクネ菌自身も原因があります。アクネ菌はポルフィインという物質を分泌し、紫外線があたることによって活性酸素を生み出します。活性酸素は細胞を破壊するだけでなく、肌に炎症を起こすのです。

これらのことを踏まえ、ニキビ予防に大事なことはアクネ菌の住家にならないような毛穴作りをしなければならないということです。

そのためには、適切な洗顔やスキンケアで肌の再生能力を高めましょう。 ただし、洗顔時にごしごしと肌を擦るような洗い方は、肌を痛めてしまいます。洗顔料を充分に泡立て、泡で優しく顔を洗うようにしましょう。

洗顔後、化粧水は肌の水分の蒸発を防ぐため、なるべく早くつけます。この時、洗顔時と同じように肌を傷つけるような塗り方ではいけません。 押し込むように優しくつけます。

洗顔方法だけでなく、普段からの食事にも注意が必要です。 油物を控えることはもちろんですが、糖質も控えるようにしましょう。 糖質というと、ケーキなど甘いものが頭に浮かびますね。最近では希少糖など販売されているので、お菓子を作る時は利用してください。

甘いものも精神をリラックスさせる効果がありますので、我慢のし過ぎは良くありません。 干した果物も糖質は多いですが、かみごたえがあり栄養も凝縮しているので少量で満足感が得られます。ニキビ予防には肌を清潔に保つだけでなく、食事のあり方も見直していかなければなりません。

ページの先頭へ